スマ婚が評判になっている理由を徹底解剖!

人に依頼すること

女の人

結婚式を挙げる際、人に依頼することがいくつかあります。受付や余興、二次会の幹事なのです。そうした依頼をする時、重要なのは、相手の都合を第一に考えることと、できるだけ早めにお願いすることです。特に二次会の幹事は、準備することも多く、責任もあります。結婚の日取りが確定し、二次会をすると決めた時点で、誰に依頼をするか考えて打診しましょう。明らかに多忙な人は選ばないこと、無理なお願いはしないことが鉄則です。そして、二次会の幹事は、最低でも二人、できれば新郎新婦それぞれの側から一名ずつにお願いしましょう。可能であれば、サポートも含めて二名ずついればベストです。人数が多かったり多忙な人が多い場合は、お手伝いも複数人いた方が楽になります。その場合は、リーダーとなる責任者を明確にしておけば混乱がありません。互いに面識がない人がいる場合は、新郎新婦の側で顔合わせの場を設けるなど気遣いが大切です。また、してはいけないのが「丸投げ」です。いくら新郎新婦が忙しいからといって、任せきりにしてしまうのは後のトラブルのもとになります。参加者リストや会場の候補を絞るところまでは、可能な限り自分たちでやっておきましょう。無理な場合も、幹事とは連絡を密にし、希望がある場合は早期にはっきりと伝えておくことです。ただ誰にも頼みたくない、皆に結婚式の二次会を楽しんで欲しいのであれば、二次会の幹事を代行してくれる業者に依頼しましょう。そうすればトラブルも減りますし、プロなので景品選びや場所選びなど、様々な点で安心して任せることが出来ます。